浜松のものづくりを盛り上げるWEBサイト

ワイヤ放電加工

株式会社小松工業

高精度な表面粗さ,面粗度を実現します

ワイヤ放電加工は設備に特殊加工装置を備えているため、高精度な表面粗さ、面粗さ(面粗度)の実現をします。加工後の製品の質感も従来のワイヤ放電とは違い、見た目、手感も満足できます。Rz1.5以下の滑らかさ(表面精度)を実現します。


ワイヤ放電加工機 MV1200R高精度ワイヤ放電加工により高表面精度を実現します。
★ポイント
・表面粗さ(面粗度)Rz0.4μm/Ra0.05μm(超硬合金)を実現
・表面粗さ(面粗度)Rz1.0μm/Ra0.12μm(Steel)を実現



この記事を投稿した人

投稿者アイコン

コメント

アイコンの見方

  • :投稿した人、企業
  • :投稿日時
  • :投稿を表すタグ