浜松のものづくりを盛り上げるWEBサイト

宇宙関連事業

原田精機工業株式会社

原田精機では、二輪・四輪で培った高度な技術と高精度な精密部品加工技術を活かし、衛星の部品構造から始め、ローバーや超小型衛星などの開発にも挑戦しています。

インターネット通信で走行できる無人車両

現在、インターネット環境で走行できるシステム開発に成功しています。カメラ技術・超音波センサ技術・レーザーレーダ技術を使用し、これらの技術をソフトウェアの開発をすることにより総合制御技術として完成させました。この技術で無人車両の開発にまた一歩進めたことになります。(HSKローバー)


 

超小型衛星ハイブリッド観測システム

★低コストでも高精度の情報サービス
・夜間でも観測可能な近赤外エリア画像
・地表面の属性が可能なハイパースペクトルカメラ
・デフォーマブルミラーによる画像補償可視光(RGB)エリア画像
・取得データの光ダウンリンク500Mbps程度を目標として開発中

低コスト可搬型光ダウンリンク受信地上局は別途開発中


この記事を投稿した人

投稿者アイコン

コメント

アイコンの見方

  • :投稿した人、企業
  • :投稿日時
  • :投稿を表すタグ