浜松のものづくりを盛り上げるWEBサイト

  • トップ
  • 木の良さを引き出す、木匠という仕事

木の良さを引き出す、木匠という仕事

浜松ものづくりプロジェクト運営事務局

原木(天竜杉・天竜桧)の仕入から製材、プレカット請負、住宅設計施工までを一貫して行う永田木材さん。

同社で取締役を務める永田琢也さんに、 木のコーディネートや流通管理、木材のフルオーダーを請け合う、木のプロフェッショナル 「木匠(もくしょう)」 という職についてお話を伺いました。

永田木材株式会社
取締役

永田 琢也takuya nagata

永田木材株式会社_永田琢也

Q永田木材での木匠という仕事はどんな仕事ですか?

木の匠を目指しています。匠といっても、昔のような職人のようなプロフェッショナルというわけではなく、木に携わる者として今の時代のニーズ、ひいてはお客様の要求にお応えできるような知識、ノウハウを持つそんな人材を目指しています。

 

原木(天竜杉・天竜桧)の仕入について

Q一般的に良質な木材とはどのような木材ですか?

良い木材の定義として一般的には杢目(もくめ)が綺麗であることや、色艶があること。また、香りが良いものだったり強度があるものも良い木材だと言われます。

Q伐採する前の木で良質な木材が取れるか判別がつくものですか?

一般的によく言われることですが、良い木材になる木は丸くて形の良い木です。年輪が詰まっている、赤身のはっている、外側がまるまるとしている、そんな条件を満たせば、素直な良い木と言えます。表面がぼこぼことしている木は適切に処理をしていない節が中にあったり、カットした時に杢目がいびつになってしまうことが多いです。

Q木匠の目で見た良い木材はどのような木材ですか?

木材の特徴はその木が育てられた環境により特徴づけられます。
例えば、奈良の吉野スギは木が子供の時に枝を切り落とす「枝打ち」という処理を行なっています。
枝打ちをすると、それ以降には節が全くない木が育ちます。
吉野は昔から日本では主だった木材の産地であり、醤油樽の樽や和室などの材料によく使われてきました。そのため、節のない均一な木材を効率良く採ることができます。
それに比べ、浜松の天竜杉は天竜川の洪水の抑制などを目的に植林されたため、吉野スギとは違い節がある木もたくさんあります。昔は節のない木材は重宝されてきましたが、今は節も自然の味として愛される風潮もあります。
このように、産地やどう育てられてきたかによって特徴は様々で一概に良い・悪いとは私は考えません。その木材も、使われ方によって「良い」の定義が異なると考えるからです。
また、その材にあったベストな使われ方を提案するのが木匠の重要な役割のひとつである、と考えています。

Q木匠からみた天竜杉・天竜桧の特徴は何ですか?

やはり、一番の特徴としては強度があります。日本の平均を超える強度を持つ丸太が多く、また、個人的な意見ではありますが、日本の中で現代の日本のニーズに一番適した丸太だと思っています。住宅・家具・工事用・梱包用、どれにも対応することができますし、様々なものが実現可能な丸太だと思います。

 

製材加工について

Q製材ってどんなことをするのですか?

丸太から色々なサイズの木材を切り出すことを製材と言います。浜松だけでなく、日本全体でも製材ができる会社はみなさんが想像するより少ないです。規格サイズの製材をする大型工場ではない、弊社のような小売りの製材所はもっと少ないのではないでしょうか。
製材をすることを私はよく調理に例えます。それは、素材を見極めて美味しい料理をつくることと、丸太を見極めて綺麗で適切な材をつくるこの仕事がよく似ていると思うからです。私たち製材加工の職人は美味しい料理をつくる料理人のようなものです。木にも個性というものがあり、野菜や魚と同じように同じものはひとつとしてありません
ですので、その木の色や木目、節の有無にあわせたカット方法であったりなど、目的に合わせて上手く木材をコントロールしていく力が必要なのです。

Q「木の個性」どんなところに着眼しているのですか?

杢目、色合い、目あい、艶含めて木によって一本いっぽん全てが異なります。その一つひとつの違いをくみ上げて、作品を作っていける、そんなところが木の素晴らしいところであり、この仕事の面白いところだと思います。
例えば、節がない木はメインの化粧材に使います。節のある木も壁の中に隠れてはしまいますが、縁の下の力持ちとして家を支えています。建築はどちらの材を欠いても成立しないんですね。
天竜の森林は「日本三大人工美林」と言われていますが、節が少なく美しい木ばかりではありません。
しかし、そこを製材の力でどれだけカバーできるか、そこが私たちの腕の見せ所だと考えています。

 

木匠という仕事について

Q木匠を「木くばりのコーディネーター」と称していましたが?

木匠として求められることとして、ただのパーツとして木材を選ぶだけでなく、その建物の「木が作り出す空間」を任されていることも多いです。

まず、製材するにあたり、図面からどのような材寸(木材のサイズ)がどのくらい必要なのかをひろって丸太に換算します。どのくらいの大きさの丸太だったらこの製品、建物が作れるのかというのを考えます。最初の頃はうまくいかないこともありましたが、経験を積むことで誤差がなくなってきましたね。

さらに、建物の目的や設計士さん、お客さんの好み、意図を汲み取って「適材適所」で木を配置することも大変ですがやりがいでもあります。

例えば、今まで携わった仕事の中で印象に残っているのは、障がい者施設の現場です。
「羽目板の色の違いから生まれる色の濃淡がありすぎると、それが精神的な刺激を与えてしまうので、材の色を合わせてほしい」という要望がありました。普段の現場では気にしなかったことでも、誰が何のために使うのかという目的により、結果や判断が異なる、ということを学びました。それと同時に、木の生命力はそれだけ人に訴えかけるものがあるんだなと痛感しました。
誰が何のために使うのかという、その先の目的を汲み取り大工さんや工務店さんと一緒にひとつの作品を作っていくというのが求められていると感じます。

「木くばり」と「気くばり」の両方でサポートできる、そんな意味を込めて「木くばりのコーディネーター」と呼んでいます。

Q木匠に必要な知識は何ですか?

木のこと、製材加工のことはもちろんですが、弊社では、建築の知識も重要だと考えています。 弊社は、住宅の柱などの建造物を構築するような無垢材を主に取り扱っております。私たちは直接建物を建てるということを生業としているわけではありませんが、建築士さんの意図をしっかりと反影した建物を作るためにも建築に対しての知識は必要です。

「製材」と一口にいっても、木材をカットし生産すること、その後の流通や用途を踏まえた検査検品など、どの部分の役割を受け持つかで必要な知識が違います。木匠には、それら全ての知識が必要で、習得するのに長い年月がかかるものだと思います。

加えて、木材の知識だけでなく住宅の建て方や図面の読み方がわかっていると新たに提案できることも増えます。弊社ではオーダーメイドの製材を扱っていますから「材をつくる」ということに関して自由度が高いのが強みです。

図面を読めるからこそ、予算に応じて 「ここの柱は見えないからこの材にしたら予算を抑えられますよ、代わりにこちらの柱は見えるからこっちにその分の予算を足しましょう」 など提案できたりするのです。

ほッと編集後記 ほッと編集後記

永田木材さんは会社からの発注だけでなく、個人のお客様の注文にも対応しているそうです。
個人のお客さんの注文は要望が具体的なものが多く、提案する方にもそれなりの知識が必要なんだそうです。
例えば、農家の方が水路の水をせき止めるための堰板(せきいた)を作りにきたり…
そういった具体的な要望には、実践的な知識がないと対応できませんよね。

 

多種多様なお客さんとのやりとりの中で培ったノウハウに裏打ちされた提案力も永田木材さんの強みなんです。
何がしたいか、作りたいかによって適切な木材を用意してくれる、そんなプロフェッショナルがいるのは心強いですね。
今回、お話を伺うだけでなく、お仕事されている姿を見学させていただきました。
なんでも相談できちゃう親しみやすさと確かなプロの実力の両方を併せ持っているところがかっこいいなと感じました。


この記事を投稿した人

投稿者アイコン

コメント

アイコンの見方

  • :投稿した人、企業
  • :投稿日時
  • :投稿を表すタグ