浜松のものづくりを盛り上げるWEBサイト

  • トップ
  • 竹杉商事の「旅館の浴衣」

竹杉商事の「旅館の浴衣」

株式会社竹杉商事


竹杉商事では、旅館・ホテル用の浴衣を製造・販売しています。
基本的に一般浴衣の取り扱いはありませんが、寝巻き・パジャマとしてではなく外着にも着ることができるように、仕立てる場合もあります。
旅館・ホテルの旅館浴衣(寝巻き浴衣や温泉浴衣、宿浴衣など)と、花火大会や盆踊りのときに着る一般的な浴衣では仕立て方法が異なります。

一般浴衣と旅館浴衣の違い

①袖(そで)
旅館の浴衣は基本、筒袖(つつそで)になります。
一般的な浴衣のような袂袖(たもとそで)ではなく、振りはなく身八つ口(みやつぐち)もありません。
②衿(えり)
旅館の浴衣の衿は、棒衿になり巾は5~5.5cmとなります。一般的な浴衣はバチ衿になりますが、棒衿は衿芯などはなく、厚みはありません。
③衽(おくみ)
旅館の浴衣は、衽(おくみ)合わせがなく、巾も狭くなります。一般的な浴衣は衽合わせがあり、巾もひろくなります。
④サイズ
旅館の浴衣は、身丈の長さによりサイズ分けをしています。(大・中・小など)
一般的な浴衣は、基本フリーサイズとなっています。各個人に合わせて縫製することも多いです。
⑤使用目的
旅館の浴衣は基本、寝巻き・パジャマです。お部屋で着るリラックスウェアーと同じです。
一般的な浴衣は外出着など、外に出かけることが出来る浴衣です。

旅館浴衣は、花火大会や盆祭りのときに着る一般浴衣ではなく、一般浴衣よりも敷居が低く、和装の気分が味わえるのが旅館浴衣だと考えております。
着付けの技術も必要ありません。「誰でも」「簡単に」着用することができます。
着物を着てみたいけど、難しそう・・・という方は「お試しで」和の気分を味わってみたい・・・という方は「寝巻き浴衣で」ご自宅でも旅館に泊まっている気分を味わいたい!という方は「旅館浴衣で」


この記事を投稿した人

投稿者アイコン

コメント

アイコンの見方

  • :投稿した人、企業
  • :投稿日時
  • :投稿を表すタグ