浜松のものづくりを盛り上げるWEBサイト

OMクワトロソーラー

OMソーラー株式会社


OMクワトロソーラーは、熱と電気を両方利用するシステム。
太陽光発電パネルが発電時に熱を発する性質を利用して、発電時の熱を回収して暖房やお湯採りへ利用することができます。
このシステムのもう一つのメリットは、発電時に太陽光発電パネルの温度が上がることで起こる発電効率の低下を、熱利用することで抑えられることです。

しくみ

屋根への日射を利用して、太陽光発電をしながら、空気を温めます。
温まった空気を床下へ送り、蓄熱コンクリートに蓄熱しながら家全体を床から穏やかに床暖房します。
昼間から明け方にかけては、蓄熱コンクリートからゆっくり放熱し、廊下や脱衣所など部屋間の温度差が少ない居心地の良い室内環境をつくります。

屋根で温めた空気を屋根裏から排出します。
主に春から秋にかけて、温められた空気を使ってお湯を沸かします。
お湯の温度は、約300Lの貯湯槽に貯めた水が、約50℃になります。


この記事を投稿した人

投稿者アイコン

コメント

アイコンの見方

  • :投稿した人、企業
  • :投稿日時
  • :投稿を表すタグ